学生ロボコン2015
出場ロボット解剖計画

大会で注目を集めた、あの出場校を徹底解剖!

学生ロボコン2015 出場ロボット解剖計画

2015年学生ロボコン出場校に徹底ヒアリングを実施し、開発の経緯からロボット、システムの詳細まで、詳しく聞きました。

お読みいただいた方が、これからのロボコンが楽しくなり、技術的なヒントが掴める一助となれば、望外の喜びです。

※4校掲載予定でしたが、3校のみの掲載となりました。訂正してお詫び申し上げます。

目次

  • 学生ライター紹介
  • 東京大学 RoboTech 編
    あのカメラ4発のハイテクレシーブ機は、そして変幻自在のサーブ機はどう生まれたのか?
  • 名古屋工業大学 ロボコン工房 編
    センサーはKinect v2のみ。それでもあの確実なリターンを決めた名工の実力に迫る。
  • 豊橋技術科学大学 とよはし☆ロボコンズ 編
    主なものだけで4種のセンサーを活用。センシング・モンスターはいかに生まれたか?

東京大学名古屋工業大学豊橋技術科学大学

無料ダウンロード

プライバシーポリシーをご確認の上、必要事項を下記フォームにご記入ください。

ご注意
●個人情報については、別途掲載する「プライバシーポリシー」に従って取り扱うものとします。 必ず「プライバシーポリシー」をお読みいただき、ご同意いただいた上でご入力ください。

●ご入力いただく情報は、利用目的の達成に必要な範囲において、ロームグループ関係会社、ロームと取引のある商社・代理店、販売委託会社及びセミナー共催企業へ提供する場合がございます。ロームから当該第三者への情報提供にご同意いただいた上でご入力ください。

●記入漏れ、E-mailアドレスなどの誤記入がないことをお確かめください。
記入漏れ、E-mailアドレスなどの誤記入があった場合、メール配信できない場合がございます。

入力いただいた情報は、以下の目的で利用させていただきます。
●当社メールマガジン配信のため
●当社が主催又は共催する製品セミナー、技術セミナーのご案内のため
●新製品や新技術のご案内、有用な情報のご提供のため
●より良い製品の開発・サービスのご提供のための調査・分析のため
●お客様、ユーザー様、ご質問者のサポートのため

ご入力いただいた情報を当社に送信した時点で、上記内容すべてにご同意頂いたものとみなされます。