Arduinoで
スマートウォッチを作ろう!

電子工作マニュアル無料ダウンロード

Arduinoでスマートウォッチ作り

Arduinoなどのワンボード・マイコンの機能、ライブラリなどが充実し、IoTが身近なものになってきました。

またApple Watchに代表されるような小型デバイスを身に付け、身体情報や健康管理などをする ウェアラブルデバイスも広まっています。

そこでこのebookでは、小型のArduino互換機、Wi-FiやBluetoothなどの無線接続も可能な ESP-WROOM-32(以下ESP32)を使って、歩いている時の心拍数や歩数などをトラックするウェアラブルデバイスを作ります。

 

学べる内容

  • パルスセンサによる心拍計の作り方
  • 加速度センサと歩数計測の仕組み
  • 有機EL(OLED)ディスプレイでの情報の出力方法
  • インターネットサービスとの連携
  • ウェアラブルデバイスの作り方

などを理解できるような内容となっています。

心拍数、加速度計、OLED付きウェアラブルデバイスの実装

所要時間:240分

レベル:★★★☆☆

部材費用:約10,000円

目次

01Arduino互換機(ESP32)を使ったウェアラブルデバイス作り

  • 1.1 作るもの・必要なもの
  • 1.2 必要なソフトウェアなど
  • 1.3 ESP32でのArduino IDEの設定方法

02 デバイス作り

  • 2.1 パルスセンサによる心拍計の作成
  • 2.2 加速度センサによる歩数計の作成
  • 2.3 OLEDディスプレイの設定
  • 2.4 インターネットサービスへの接続
  • 2.5 腕時計型にして使ってみる

03 まとめ

Arduinoでスマートウォッチ作りArduinoでスマートウォッチ作りArduinoでスマートウォッチ作り

無料ダウンロード

プライバシーポリシーをご確認の上、必要事項を下記フォームにご記入ください。

ご注意
●個人情報については、別途掲載する「プライバシーポリシー」に従って取り扱うものとします。 必ず「プライバシーポリシー」をお読みいただき、ご同意いただいた上でご入力ください。

●ご入力いただく情報は、利用目的の達成に必要な範囲において、ロームグループ関係会社、ロームと取引のある商社・代理店、販売委託会社及びセミナー共催企業へ提供する場合がございます。ロームから当該第三者への情報提供にご同意いただいた上でご入力ください。

●記入漏れ、E-mailアドレスなどの誤記入がないことをお確かめください。
記入漏れ、E-mailアドレスなどの誤記入があった場合、メール配信できない場合がございます。

入力いただいた情報は、以下の目的で利用させていただきます。
●当社メールマガジン配信のため
●当社が主催又は共催する製品セミナー、技術セミナーのご案内のため
●新製品や新技術のご案内、有用な情報のご提供のため
●より良い製品の開発・サービスのご提供のための調査・分析のため
●お客様、ユーザー様、ご質問者のサポートのため

ご入力いただいた情報を当社に送信した時点で、上記内容すべてにご同意頂いたものとみなされます。